• 長久手市大学連携推進ビジョン4U

長久手市は、大学の教員、大学生の研究を支援し、長久手市の地域の課題解決と活性化を図ります。

大学の大きな役割の一つとして研究があります。大学はその研究を通して新しい発見や創造をおこな い、社会の課題を解決し、活性化することが期待されています。そして研究活動を真に社会に有益なもの としていくためには、実社会とのつながりや交流が欠かせません。そこでこのビジョンでは、4大学の大学 生や教員の研究や活動を支援するために、「情報交換と交流、体験する場をつくる」「情報発信、情報共有のしくみをつくる」「活動や研究のサポート体制をつくる」の三点を推進します。

重点プロジェクト

1. 情報交換と交流、体験する場づくりを進めます

長久手市は小さなまちで、様々な研究や活動を密接なコミュニケーションをとりながら進められる良さ があります。そこでまず4大学の大学生、関係者、教員や、長久手市の市民、企業、市民団体、職員などが定 期的に集まる機会を設け、お互いに知り合い、顔の見える関係をつくり、様々な情報交換をする機会をつく ります。また大学生や教員、市民が長久手市のことをもっと知り、長久手市ならではの体験をして、研究活 動の新たな発想を得たり、研究のシーズやニーズを探る機会にします。 ◦ 市民や企業、行政がどのような課題を抱えているのか、どのようなニーズがあるのかを知る場をつくり、大学や他の機関との共有性を高めます。

  • 市民、企業、大学、行政がどのような研究や活動をしていて、どのような課題解決や地域活性化の能力を持っているのかを知る場をつくります。
  • 大学間や大学生間、教員間がお互いの研究や活動について知る場をつくることにより、相互に補完する関係を築きます。
  • 大学が研究成果を発表する機会をつくります。
  • 市内の歴史の地を巡ったり里山を散策したりしながら長久手市のことをもっと知る機会をつくります。
  • 長久手市の特徴である、農ある暮らしを体験するために、穀物や野菜の栽培や収穫体験をするなどの機会をつくります。
  • 地域の住民やお年寄り、障がい者、子どもみんなが参加して、フィールドワークを体験する機会をつくります。

2. 情報発信、情報共有のしくみづくりを進めます

前述の機会では深い体験、交流ができますが、常にそのような体験、交流ができるわけではありませんし、限られた人しか参加できません。そこで交流を継続し、活動の幅を広げ、活動や研究の内容を発信するために、情報の記録、蓄積、発信が重要です。

  • このビジョンのwebサイトやSNSを立ち上げ、活動や研究の情報を記録、蓄積、発信し、次の研究、活動につなげます。
  • このビジョンに基づく事業を継続的に実施し、さらに多くの大学生や市民、企業が参加するために、積極的に情報発信します。
  • 多くの大学生や地域の住民が参加するために、情報媒体のデザイン性も重視します。

3. 研究活動のサポート体制づくりを進めます

このビジョンは単に理論を聞いたり案を検討したりするだけでなく、実際にアイデアを実現し、地域にお いて成果をあげることができる可能性があります。そして本当に計画を実現してこそ大学生が様々な学び を得ることができ、大学も研究の成果をあげ、地域もその恩恵を受けることができます。そのために以下 の様なサポート体制を構築します。

  • 長久手市や4大学が、このビジョンにかかわる事業の立案や事業を遂行し実現するための、4大学と共有可能なサポート体制の構築を推進します。
  • 計画、実行、評価、改善、記録のサイクルを構築します。

このビジョンを実際に遂行するためには、計画を検討、実施し、検証し次へつなげていくサイクルを構 築する必要があります。一般的にPlan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Ac(t 改善)というPDCAサイク ルがありますが、ビジョンの主体となるメンバーは大学生で、入学や卒業によってどんどん入れ替わって いくため、一般的なPDCAサイクルに加えてRecord(記録)を追加します。それによって過去の活動や研 究を参照して新たな研究活動に発展していくことができるしくみをつくります。具体的には、

1. Plan(計画):
2. Do(実行):
3. Check(評価):
4. Ac(t 改善):
5. Record(記録):

というPDCARサイクルを構築します。このサイクルを確実におこない、長期的に継続して成果をあげるこ とによって、このビジョンについて4大学や地域住民、企業、長久手市での認知度を向上させ、スムーズな運 営をめざします。