• 長久手市大学連携推進ビジョン4U

背景・趣旨

○さらなる連携をめざして

市内に4つの大学が立地し、周辺を6つの大学に囲まれる長久手市は、多くの大学や大学生が集まり、大学 生に彩られた活気あふれる魅力あるまちです。大学生は地域や企業の将来の担い手として、まちの活力向 上に無くてはならない存在となっています。 現在、長久手市は、「全国で一番若いまち」(2015年度の国勢調査結果)として、継続的に人口が増加してい ますが、2050年頃には人口が減少し始め高齢化が進み、同時に少子化の影響で、大学に進学する年齢の人 口が大幅に減少する状況にあります。大学生数の減少は、地域経済の後退やまちの活力や魅力の低下をも たらす恐れがあります。 また、現在、長久手市と4大学とは、包括連携協定を締結し、これに基づいて、行政と1つの大学との間で連 携事業を展開していますが、個別の連携では部分的な効果しか発揮されておらず、様々な課題に対応しきれ ていないのが現状です。 そのため、4大学とその学生・市民・企業・行政などとネットワークを築いて、最大限の相乗効果を発揮させ るためのしくみが求められています。

○高まる大学の地域社会への貢献と連携の機運

東日本大震災において被災地でのボランティア活動が注目されました。また近年では地域に開かれ地域 に貢献する拠点として、大学の果たす社会的な役割が見直されています。 文部科学省は大学における教育課程の共同実施制度を設け、その制度の趣旨を、「経済・社会のグローバ ル化の中、大学は「知の拠点」として各地域の活性化への貢献とともに、国際的な大学間競争の中で新たな学 際的・先端的領域への先導的な対応も必要。このため、複数の大学がそれぞれ優位な教育研究資源を結集し、共同でより魅力ある教育研究・人材育成を実現する大学間連携の仕組みを整備するもの」※4として大学の 地域の活性化への貢献と大学間連携を推奨しています。 また、内閣府がおこなった「国民生活選好度調査」では、ボランティア活動として、まちづくり、防犯・防災、学 術・スポーツ・文化芸術振興、介護・福祉、健康増進など、様々な事例が報告されており、ボランティア活動など の社会貢献を促進する社会的気運は高まっています。

※4 文部科学省「大学における教育課程の共同実施制度について」の概要より抜粋 13

位置づけ

長久手市が定める第5次長久手市総合計画の基本施策「大学をまちづくりに生かす」において、1.大学連携 推進協議会の設置、2.大学連携拠点施設の開設、3.大学連携基本計画の策定がうたわれており、大学・大学生 を本市の貴重な資産ととらえ、まちづくりに生かす協働のしくみが求められています。

本ビジョンの進捗状況の共有について

長久手市の担当課が施策の実施状況を取りまとめの上、大学連携推進協議会などの団体と、取り組みの課題 や進捗状況などについて情報交換をおこないます。なお、長久手市の取り組みについての進捗状況の確認等 については、総合計画や関連計画と連動させておこないます。 また、計画期間は2018年度から2027年度までの10年間とします。なお、社会情勢の変化や、国・県の行政施策 の動向などを踏まえ、必要に応じて随時内容の検討と見直しをおこないます。

まちの将来像

長久手市が考える大学連携の推進されたまちには、次のものが挙げられます。

  • 大学生がまちに愛着やつながりを持ち、大学卒業後も住み続けたいと思うまち
  • まち全体で大学生を育て、大学生の力を十分に生かし、より魅力あふれるまち
  • 大学生が社会人をはじめ地域の団体とつながり、大学生ならではの自由で豊かなアイディアが生かされるまち
  • まちが大学生の研究や調査、社会貢献活動の実践の場となり、大学生の「やりたい!」という気持ちが実現できるまち

期待される効果

大学生

  • 一 人ひとり「志」や「夢」が実現できるような場を得ることができます。
  • 地 域活動に参加するきっかけを得やすくなります。
  • 地 域活動を通じて、個人の成長につながる学びを得たり、社会とのつながりを感じられたりすることができます。

大学

  • 地域社会を研究や教育の「場」とすることで、より実践的で地域社会に根ざした研究・教育活動をおこ なうことができます。
  • 地域での交流から様々なフィードバックを得ることで、研究や教育に生かすことができます。
  • 大学間の連携により、より多様で魅力ある研究や教育の開発をおこなうことができます。

行政

  • 大学の有する知識、技術、人材などが、地域とつながることで、最大のネットワークで、地域の課題解 決や魅力向上などに取り組むことができます。
  • より活発な地域交流によって、地域活動を活性化させることができます。
  • 大学生と地域との関係が強まることで、卒業後も地域に住み続ける学生を増やすことができます。

市民

  • 地域での交流やまちづくりが活発になることで、市民一人ひとりが居場所や役割を持ち、住みよさや 幸せを実感することができます。
  • 大学の資産を活用することで、生涯学習の充実や、文化、交流、健康、福祉などの増進に役立てること ができます。